読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸法無我

旅行記や、日々思うことについて

欧州旅行④ Brussels Part2

間が空いてすみません。

 

今後もこんな感じのペースになりそうですが、頑張って最後まで書いて行こうと思います。

 

ブリュッセル二日目はブリュッセル市内散策と美術館・博物館めぐり。

というわけで、この日もユースで朝食をとり終えた後、ブリュッセル観光の中心である

ラン・プラスに向かいます。

 

f:id:karinto-monster:20160425214040j:plain

f:id:karinto-monster:20160425214105j:plain

レストランの集まるオシャレな通りを抜けてまず最初に向かったのはブリュッセル市立博物館。通称「王の家」。

城塞時代の中世から現在のブリュッセルに至るまで、この街の発展の歴史を詰め込んだ博物館です。

f:id:karinto-monster:20160425215050j:plain

f:id:karinto-monster:20160425215134j:plain

いかにも中世チックな刺繍画やステンドグラスが展示されています。

そういえばベルギーハプスブルク勢力だったんですよねたしか。

そしてこの博物館には小便小僧ことジュリアン君の衣装も展示されています。

f:id:karinto-monster:20160425215805j:plain

各国の趣向を凝らしたファッション。

日本からはこんなものを。

f:id:karinto-monster:20160425215925j:plain

続きましてインドネシア

f:id:karinto-monster:20160425220133j:plain

小便小僧の面影がないぞ。

次にハワイ、

f:id:karinto-monster:20160425220252j:plain

悪くない。

そしてスペイン。

f:id:karinto-monster:20160425220346j:plain

!!!!!???!!!??!???????

これは悪ふざけなんでしょうか????

 

博物館を後にして小便小僧の隣のワッフル屋で一人ワッフルをエンジョイ。

周りはカップルばっか。

色んな意味でアウェイななか異国の地でワッフルを一人で食えるおれに恐れるものは何もない気がしたよ。このときは。

f:id:karinto-monster:20160425220927j:plain

お次に向かったのはベルギー王立美術館。

ここにはかの有名なシュルレアリズムの巨匠、ルネ・マグリットの美術館も併設されています。

f:id:karinto-monster:20160425220647j:plain

エントランスを抜け、まずは近代絵画のブースへ。

欧州の美術館多くはテロ対策なのか総じてガードが固めで、入場時には荷物検査も必須です。もちろんここも例外ではありません。

f:id:karinto-monster:20160425221319j:plain

f:id:karinto-monster:20160425221325j:plain

f:id:karinto-monster:20160425221142j:plain

お気に入りなロートレック、そして若かりし日のゴッホまで。

多様なジャンルのコレクションが収蔵されています。

 

f:id:karinto-monster:20160425222220j:plain

まさかミュシャの彫刻作品まであるとは思いませんでした。

画だけじゃなく立体作品でも本当にミュシャの作品は美しいです。

あーるぬーヴぉー。

 

続いてマグリット美術館へ。

f:id:karinto-monster:20160425222439j:plain

マグリットおじさんの写真に出迎えられ、不思議な世界への一歩を踏み出します。

作品こそ相当アクが強い(笑)マグリットですが、彼の歩んできた人生に関する文献展示などを読んでみると、存外に真面目な人物だったのだと個人的に感じました。

f:id:karinto-monster:20160425222919j:plain

f:id:karinto-monster:20160425222620j:plain

かの有名な「光の帝国」―"The Empire of Lights"をはじめマグリット黄金期の作品も数多く展示されています。

f:id:karinto-monster:20160425223158j:plain

f:id:karinto-monster:20160425223208j:plain

去年は六本木の新国立美術館でもマグリット展がありましたし日本人観光客の姿も見受けられたので、なんだかんだでマグリットは日本でも人気の高い画家の一人な気がしますね。

王立美術館を後にして、オイスターバーで牡蠣に舌鼓を打った後(前述)

karinto-monster.hatenablog.com

ホステルで一休みし、同じ部屋のアメリカ人とアルゼンチン人と一緒に再び夜のブリュッセルに向かいます。デリリウムというブリュッセルでは有名なバーです。

f:id:karinto-monster:20160425223912j:plain

f:id:karinto-monster:20160425224200j:plain

地階にはライブスペースもあり、とにかく飲んで酔って踊って歌って…

ホステルの連れと一緒に飲んでいたはずなのに気付けばなぜか隣にいたドイツ人とオーストリア人のおっさん達にクソ飲まされていました笑

ジャパニーズガイは珍しかったのか?笑

さすがにこれ以上飲むと連れにも迷惑をかけると思い、一人先にホステルに戻ることに。

 

戻ってから盛大にゲロったのは言うまでもない。

みんな、ベルギービールは美味いけど用法用量には注意な!

 

そして二日酔いのフランス編に続く…