諸法無我

旅行記や、日々思うことについて

「ヤサシイワタシ」と「人間失格」

先日、つい入った古本屋で懐かしい漫画を見かけて思わず買ってしまった。

 「おお振り」のひぐちアサ先生の作品ながら、ヘビー。

一見大学のサークルを舞台にした爽やか青春ものかと思えば、物語は急に陰鬱な雰囲気に包まれていくのは見ごたえがある。そして登場人物の会話劇における間の作り方、コマ割りやセリフは本当に現実における会話もこんな感じなのだろうという突き詰めたリアルさがあって、物語としての不自然さがない。なんだかとにかくすごい漫画だったのはよく覚えていた。

懐かしい、というのも実は高校時代に読んだことがあって大筋のストーリー何となく覚えていたのだけれど心理描写など難解な点が多くそのすべてを理解できなかった。

そしてつい先日うっかり見つけてしまったので今ならどんな目線で物語を楽しめるだろうかと試しに買って読んでみた。

内容に対する理解は初めて読んだ時よりも幾分進んだと思う。

だがわかるようになった結果、とにかくしんどい。

なにしろヒロインであるヤエの考えることがとにかく自分と重なる。

20代半ばの今になってなおさら、彼女の考え方は近しいものだと感じたし、彼女が見出した結末も何となくわかる気がした。

あまり書きすぎるとネタバレになるけど、自己の力を見誤り高ぶりすぎた承認欲求を抑えきれることができずに破滅するヤエの姿がそこにあって、なんだかとても痛々しい気持ちになる。夢に対する強い思いと強烈なコンプレックスを併せ持ちながら、その有り余る行動力に実力がついていかないがため常に人々からは「そういう人」という烙印を押される姿。そしてそれが自分に重なり、ここまで読んでいて気分が重くなった漫画は久しぶりだ。

 

ところでこの漫画を読んでいてなんとなく想起したのが太宰治の「人間失格」だった。

ご存知のように自己のありのままを愛せなかった男が薬物中毒になり、堕落していく話である。「ヤサシイワタシ」におけるヤエも「人間失格」における葉蔵もきっと根本は同じだったのだろうと思う。ありのままの自分が何らかの理由で許せなくていろいろ試してみるけど結局はうまくいかなくて、自分が考えもしなかった方向に堕ちてしまう。

 

たぶんこういう破滅を約束された物語、自分は結構好きなんだと思う。一生懸命自分の不甲斐なさを拭おうと懸命に取り組む人間が自己受容に失敗して空回りしていくタイプのストーリーライン。見ていてハラハラするけどなんだかとても愛おしく感じる。そういう不器用さを愛らしいものとして受け入れられるかイライラの権化として捉えるのかは自分が当事者側に立てるかであるか傍観者側に立つかによって変わってくるはず。

人間のぶきっちょさをどこまで愛せるか、そんなテーマを掲げた作品です。おすすめです。

 

夏の終わりにあぶらぎっちょ

台風24号のせいで外に出られないので、久しぶりに先週の出来事を書こうと思います。

 

夏も終わり、もはや秋の訪れも感じられる中、鳥取県は某所にて「あぶらぎっちょ」(正式にはミミズハゼという)を捕まえに行ってました。

portal.nifty.comDPZでも特集が組まれたり、某人気サイトでもてはやされていたあぶらぎっちょことミミズハゼを、寒くなる前にその手で捕まえに行こうじゃないかということで

f:id:karinto-monster:20180930131007j:plain

やってきたぜ鳥取

油ぎっちょを捕まえるためだけに3時間かけて瀬戸内からはるばるたどり着いた。

f:id:karinto-monster:20180930131118j:plain

エサは臭いがある系ならばなんでもよいらしいが、冷凍庫にイカが眠っていたのを思い出し引っ張り出してきた。

1年間以上冷凍庫で眠っていたケンサキイカをその手に握り、ゴロタ浜の波が漬かるか漬からないエリアにそのこぶしを突っ込み、拳に侵入してきたあぶらぎっちょをひっ捕らえる。

なんとも、

f:id:karinto-monster:20180930131914j:plain

プリミティブで直感的な遊びである。

写真は私に騙されてホイホイついてきてしまった同行者の様子だが、9月も終わりに差し掛かる中海岸でイカを握りしめたまま波に耐えるクソマゾなプレイを強いられるとは思ってもみなかっただろう。

(当然、私も半袖半ズボンで同様の状態でした)

 

いくらネットで話題になったとは言えこんな子供だましのような方法で果たして魚が捕れるものだろうかと疑ってかかってみると、これが捕れる捕れる、非常に良く捕れる。

場所がいいと手を突っ込んで数秒もしないようにあぶらぎっちょが手をまさぐってきて、手中のイカにウネウネとアプローチをかけてくるのがすぐにわかる。

そうすれば少し手を緩めてやり、完全に位置を補足したところで挟むor包むで捕獲。うまくやれば一回で3~4匹は一気に捕れる。大変楽しい。

f:id:karinto-monster:20180930132301j:plain

そして位置を変えながらやっていくとあぶらぎっちょの住処にも何となく好き嫌いがあることがわかってきた。比較的細かな石が多く、なおかつ真水が混じり合うエリアを好んでいるようだ。

f:id:karinto-monster:20180930132722j:plain

このへん(真水は石の下から染み出たものが海へ流れ出ている)

 

3時間ほどあぶらぎっちょをやり、40~50匹は捕れただろうか。

f:id:karinto-monster:20180930133055j:plain

f:id:karinto-monster:20180930133115j:plain

石を入れるとその中に隠れる。

 

同行者と二人で夏も終わったのに海に入ってギャーギャー騒ぐものだから捕ってる最中も通行人がよく声をかけてきた。あぶらぎっちょ?なんやそれ美味しいん?見たいのことを尋ねられる。

とりあえず一匹そのままお口へヒョイパクしてみたが微妙。ヌメヌメと生の魚の味そのまま。辛うじてワタの苦さが感じられる程度で、食用にするにはおそらく調理法を選ぶと思う。調理に関しては某ざ〇むし氏や上記のDPZの記事を参考にしてほしい。

 

というわけで一通り遊んだ後は諸事情で調理環境の整っていない我々はリリースすることに。

f:id:karinto-monster:20180930133552j:plain

あぶらぎっちょぎっちょ。

 

あぶらぎっちょ、条件さえマッチすれば比較的どこでも捕まえられるような魚らしい。

また暖かくなったら閲覧各位もチャレンジしてほしいと思います。

 

 

ちなみに帰りがけはせっかくの日本海沿いなので鮭遡上エリアチェックもつつがなくやってきました。11月くらいになったらたぶん観察できるはず。

今年も奴らが上ってくるのを心待ちにしているよ。

じめじめと雑雑

近所の美味しい台湾料理屋さん

を見つけました。それも安い。

台北出身のおばちゃん一人で切り盛りしているお店なんですが、使う食材は台湾からの輸入品をできるだけ使うようこだわってたりしてるようで、好感触。

向こうのコンビニでよく見るあの漢方集の強い謎卵とか八角臭強めのソーセージとかも食べられるみたいです。

つい先日行ったときは酸辣湯麺をチョイス。これでもかってくらい辣油をぶちまけて食す。むちゃうまい。

おばちゃん曰く、日本の黒酢で作っても深い味わいは出ないから台湾産の黒酢を取り寄せて作っているのだそうです。

中国語を勉強してます、と伝えたらいわゆる普通話と台湾方言との発音の違いを教えてくれました。何となく柔らかい発話法、舌を巻かないあたりがやっぱり福健あたりの発音と似てるな~と思いました。

 

観たい映画がたくさん

この夏は観たい映画が盛りだくさんです。

少なくとも以下は観に行くつもりです。

万引き家族

 安藤サクラすきなのです。

BLEACH(実写)

 今まで漫画の実写系は避けてきたけどこれは何となく見たい。

 予告見るだけでどこまでストーリー詰め込む気なのか少し心配ではある。。。

ハン・ソロスター・ウォーズストーリー

 ローグワンがサイコーだっただけに期待。

ジュラシック・ワールド

 恐竜系バカ騒ぎ映画は映画館で見るに限る!

 全シリーズでいうロストワールド的な話になるんでしょうか?

⑤シュガーラッシュ:オンライン

 前作がなかなか面白く印象的だったので続編も気になるところです。

 

中国語の進捗

地道に週1のレッスンを含めて隙間時間を見つけてコツコツと取り組んでいる最中です。中国人観光客のネイティブチャイニーズを断片的に聞き取れたりするとものすごくうれしいです。

単語とかピンインを覚えるのは取り組めば取り組むほど伸びるけど、やっぱりリスニング&スピーキングが伸び悩むので今見てもらっている先生にはそちらをメインに据えてもらうようお願いをしました。

今までただの音だったものを特定の単語として認識することができるまでは相当の訓練を要しそうです。語学たるものやはり会得には時間がかかるものだと思って根気強く取り組んでいくしかないのだ。。。

 

いまになって椎名林檎をよく聴く件

椎名林檎をよく聴く件

 椎名林檎のデビュー20周年記念のトリビュートアルバムが出ると聞いて、

何となくこの頃椎名林檎をよく聴く。

アダムとイヴの林檎

アダムとイヴの林檎

 

 このアルバムの中に収録されている中でも特にお気に入りだったのが

今回三浦大知がカバーを担当した「すべりだい」

www.youtube.com

これを初めて聞いたのは確かカップリングを集めたアルバムだったかな。

初めて聴いた時からなんか大人っぽい曲やな~と思ってたんだけど調べてみたらまだデビューしたての頃に世に出た曲だと知ってものすごく驚きました。

歌詞の節々の言葉遣いは真似したくなるようなセンスのものばかり。

特に最後の、

 

こだわっていると思われない様に

右眼で 滑り台を見送って

記憶が薄れるのを 待っている

 

流れるような歌い方なんだけど一回聞いただけでばっちり印象に残るんですよね、

不思議なことに。

 

 

このごろ仕事帰りの車内でよく聴くのが

www.youtube.com個人的にすごくハマる曲にはアーティストを問わずなぜか共通点があって、

「月」とか「犬」(両方あればなお良し)が絡んでくる曲にハズレはないと思ってます。

無論この曲も例外に漏れずドはまりしました。

 

明日 くたばるかも知れない

だから今すぐ振り絞る

只 伝わるものならば 僕に後悔はない

 

夜道を散歩しながら聴くと何となくセンチメンタルな気分になれます。

自分は振り絞りながら生きているのだろうかと自問自答しながらも、うだうだと日々、周りに流されながら生を重ねていく姿は負け犬そのものだとでも云うのでしょうか。

でも聴いているとどこか秘めた熱いものを感じるんですよね。

www.youtube.comこれも好き。

曲調は「すべりだい」みたいにどこかジャジーで妖艶な雰囲気。

歌詞はぶっちゃけよくわかりません。

 

 

 

番外編 ~「月」と「犬」~

一番好きなのはこれ

①「月に吠える」a flood of circle

動画ありませんでした。

でも素晴らしいのでぜひとも聞いてほしいです。

月に吠える

月に吠える

 

 

ちょっとぶっ飛んでる頃の川本さん

 ②「LOVE&LUNA」川本真琴

www.youtube.com

 

「闇」と「月」、まるで中二病のようだ。

③「闇に目を凝らせば」GLIM SPANKY

www.youtube.com

パッと見た感じ「犬」少ない。。。

 

BaseBallBearのB面が好き

高校時代にそれこそCDが摺り切れるほど聴いた曲(実際は2GBのクリック音の鳴るiPod nanoのMP3音源なのだけれど)というのは、数年を経た今でもなかなか抜けることはないし、たぶんこれからもずっと愛着をもって聴き続けることができるのかもしれない。

そんな高校時代に愛してやまなかったバンドがBaseBallBear、今もなお人気の高いバンドです。

青春のきらめきを感じさせるような曲調とは裏腹にVo.小出の表現する世界観はどこか陰鬱で、言っしまえば一種の気持ち悪さ(褒め言葉です)さえも感じられるところが妙に当時の自分の趣味にマッチしたのだと思います。

キラキラしようとしてもなりきれない、ワナビーっぽさ。

何者にもなりきれない不完全さや未熟さが余り余るほどに、彼らの曲を通じて伝わってくるのがたまらなくて、当時彼らが出ていたスクールオブロックのラジオもよく聴いてたような気がします。

ロックのスペルはL・O・C・K!って言えば反応する人が一定層、我々の世代にはいる気がします。懐かしいなぁ。でも不思議とあの番組の内容はほとんど覚えていません。あれだけ聴いてたのになぁ。。。

 

少し話は逸れましたがBaseBallBearの曲は個人的にB面、いわゆるカップリング枠の方が好きだったりします。

例えばこれ。

www.youtube.comこの曲、クッソ爽やかな風に聞こえるんだけどなんだかやりきれない感じがあるのよね。わかります?別にそんな甘酸っぱい歌でもないんですがこの歌の中の「俺」をは「君」と過ごす今年の夏が過ぎ去っていくのを本当に口惜しがっていて、今を生きているがゆえに情景描写が冴え渡っている、と思うんですよ。

この歌を聞くと高校時代の情景がフラッシュバックしてきて、色々な思い出が湧き出てくるんですよ。それこそ「君」と過ごす今を生きていた「俺」と自分が重なり合うような感じですね。これ書いてる僕めっちゃ気持ち悪いですね。まあ僕の場合「君」はいませんでしたが。うるせえバカヤロー。

www.youtube.comこれとかもね。

今聴いてみるとスーパーカーの影響すごく強いのかなって思っちゃいますね。

ベボベの曲はどちらかというと根暗寄りな人たちの目線に立ったものが多くて案外ネガティブな文言が歌詞に含まれがちなんだけど、それでもなんだか世の中悪くねえな、って思わせてくれるようなものが多いような気がします。そういう歌に救われてきた人は少なからずいたんじゃないかなと思います。

 

そして一番好きなのがこれです。

www.youtube.com最初のカッティング?っていうのかな。もうこれ聴くだけで堪らないよね。

そしてこれでもかってくらいネガティブなワードに溢れる歌詞の間に繰り返される「見せてくれ そのスマイル」ってのが当時よりも今だからこそ響く言葉だなって思います。確かに昔よりも心から笑えなくなってることが増えてきてるなあと日々を過ごして思います。もちろんBOYS MAY CRYの名の通り泣きたくなるような日だってある。

この歌詞は決して「泣くな」とは言わなくて「俺の胸で泣いたっていいよ」と繰り返してくれるだけ。でもそれがいいんです。笑えるその日が来るまでたんと泣いてればいいんだって、BaseBallBearにしてはストレートに、且つ婉曲的に励ましてくれる大好きな曲なのです。

 

もちろんA面も「ドラマチック」「changes」とかいい曲がいっぱいあっていいんだけど、BaseBallBearに関してはB面が大好きです。

いつまで聴き続けるのかはわからないけれど、自分の中でしばらく色褪せたりはしない、そんな気がします。

次の旅と設備投資

次なる旅

4月末からマレーシアはクアラルンプールに行きます。

宿もすでに確保していて、チャイナタウン近くの安ホステル。

飯を食うにも街歩きをするにも申し分のない環境なので、すでに心躍っております。

例のごとく計画なるものは特に立てないつもりですが、

・バトゥ洞窟

・マラッカ(日帰りできる?)

イスラム美術館

あたりは行ってみたいなあと、ぼんやり考えてます。

 

あとは多民族国家ならではのエスニック飯&華僑カルチャーに触れること。

もちろん市場巡りも外せないですね。例えば発酵させた塩漬けアミエビをペースト状にした独特の調味料があったりと、現地ならでは味わうことのできる刺激的なものを大いに味わってみたいなあ、と。

 

GoProを買った件

最新よりはひとつ型落ちのHERO5が家電量販店でAmazonよりも安く販売されていたのでラッキーと思い購入。

まだ各種アクセサリ等を買い揃えていないのでテストを行えるのはもう少し後になりそうですが、旅行をはじめ釣りやら各種自然探索活動にも使えたらすごく楽しそうですね。

春だからね、ワクワクすることを始めなくちゃね。

これを機にパソコン内のいらないファイルやらを大整理。編集できる準備を整えつつあります。何かしらの形で撮ったものをでお届けできればと思います。

chromecastを買った

先日、某家電量販店を物色していたら以前から気になっていたchromecastを見つけました。

この頃中国語勉強やらなんやらでyoutubeはじめ大画面で動画を出力出来たら便利やなぁ~と何となく思っていたので、4,000ちょっととべらぼうに高いわけでも無かったので軽い気持ちで購入。

f:id:karinto-monster:20180321204418j:plain

このように、パッケージに掲載があるような動画サービスをテレビに出力できます。

設定も簡単で、携帯にアプリをダウンロードしてテレビのHDMIに接続したchromecast本体をWiFiネットワークに繋げてあげるだけ。あとは携帯をリモコン代わりにしてテレビに動画を出力できます。

 

一応画質がイマイチなんじゃないの?みたいな一抹の不安はありましたがいざ再生してみると心配ご無用なのでありました。

f:id:karinto-monster:20180321204757j:plain

非常にきれいに映ります。

 

youtubeを出力する場合も操作方法はスマホやパソコンと同様で、何なら自動生成の字幕まできちんと反映してくれます。非常に優れモノですね。

f:id:karinto-monster:20180321205327j:plain

これで海外の釣りtuber動画も問題なく楽しめますネ。

インドア面のQOL爆上がりします。

実は映画とかドラマもいろいろ観たいものがたまっていたのでブルーレイレコーダーも併せて検討してたんですが、だいたいは配信で視聴可能だしhuluとかNetflixに加入したほうがレンタルしたりするよりもコスト面を考慮してもよさげという結論になりました。

似たようなものにamazonのfireTVmoありますがプライム会員で動画見まくるならあっちの方がいいかもですね。こちらはプライムビデオに未対応なので。